投資家の本懐

FX、不動産投資、その他投資全般について

ドルとペソの愉快な関係

一転して今日はドル高ですが、まあみなさんよくこれほど
右往左往するものだと、思ったり思わなかったり。
本題から少し外れますけれど、
株 とか 長期金利 というのは
「今後どうなるか?」で動くべきだと思うんです。

一方で、通貨は未来よりも「現在どういう状況か?」を
反映させるべき物だと。

ちょっと考えてみてくださいよ。
11月末に、アメリカのPMIだったっけ、あの発表あたりから急にドルが下落を始めたんですが、あの発表の前と後、数時間で、なにか急激に現実が変わったでしょうか?
ロシアがウクライナを攻めたときって、
急に現実が変わった じゃないですか。
でも、経済指標って x時点からy時点までの、評価ですよね。
その評価の結果を見て、「これからxxになる。」と予測して上下を始める。
さんざんFXをやっているボクが言うのも変ですが、やはり通貨というのは
実需の売買の結果として上下すべきもので、投資はそのオマケであるべきだとは思うんですよねー。
だって、ボクら日本にいる人なら、ほぼほぼ円で生活をするでしょ?
この円の価値が、投資対象として激しく上下して、最近までのように

1ドル150円になんてなったら、みんな困るに決まってるし、日本に大異変があったわけでもないのに、これほど変動するのは、ホンネを言うとおかしいです。
(それでいっぱい儲けたんだけれども)
通貨が投資や投機の対象になってしまっていることが、今の経済政策を難しくしている要因のひとつなのかなあと。
FRBがインフレを抑えるなんて言ってても、ドルが下落すればインフレには加速圧力になるし。
じゃ、何もしなきゃいいのかというと、そんなわけもないし。

ボクの考えとして、指標は「シュレーディンガーの猫」だと。
中を見て発表することによって、現実を変えてしまったりもする…。

と、元の話に戻しましょう。
今日、ドルが上がっていて、他の通貨も対円で上がっている中
メキシコペソが横~微かに下よりです。
豪ドルをやっていたとき、こういうもどかしいような動き、よくありました。
なんか懐かしいなと感じたのは、ボクだけでしょうか?
そもそもメキシコペソなんてマイナーな通貨、やっている人が少ないでしょうけど。

メキシコペソは、アメリカの影響を素直に反映するものなのですが、
それでもやはり、こういうこともあるわけです。
こういうときは、待つ。
待っていればだいたいのことが解決します。
もし待てないなら、本来投資に回すべきでないお金を使っているか、レバレッジが高すぎるだけです。

待てば解決…ドルがそこそこ安定しさえすれば、ですけれどね。

前回の訂正と情報と時間の相関性について

前回ボケて、メキシコペソのスワップを、1日10円で計算してしまいましたね。

書いてて、アレ? とは思ったんですが

どうやら目がちゃんと開いてなかったようです。
再計算すると、まあ1年あたり5500円ぐらいですねえ。

ということで、今回は情報について。

FXで、レバレッジをほんのり上げて、スキャルすれば
まあそれなりの勝率にはなりますよね。

レートを見る回数と、利回りは、わりと比例するかとは思います。

不動産も同じでね、
月極で賃貸するより、ウィークリーマンションで貸す方が利回りが高い。
さらに、ホテルならもっと表面利回りは上がる
さらにラブホのように、昼、夜と、時間貸しにすればもっと…。

ただ、それぞれに、手間と費用と知識が必要なわけです。
たとえばボクの場合、民泊。
これをやろうと思ったら、またそれ用に知識を集めなければならない。

なんでもそうなんだと思うんですが
一般的には、時間を細かく分けて、回転率を上げれば、利益は上がるものです。
ただそうすると、手間がかかるわけで。
自分の中で、ここらへんならいいかなあ という線を引かないと
QOLってのが下がっちゃう。
利益率が上がっても、経費もかかれば一緒ですしねー。

さて月曜日、今日はどうなることやら。

雇用統計

今日の(既に昨日ではあるが)雇用統計は中の上ぐらいだと予測。

下の方で薄くドル円を拾い、一気に上がったときに135.6ぐらいで売る。
メキシコペソの含み損の1/3~1/4ぐらいは、色々合わせてここで回収。
本当は年末にこういう回収はしたくなかった。今回の取引の20%程度は税金がかかるから、結局はどこか、含み損のあるポジションを決済して、消してしまう方がトータル有利になる。
だがそうなると、今後のスワップ分が貰えなくなってしまう…。
まあ仕方ないか。

予想としてはこの後、だらだらと下がり、昨日の終わり値あたりで落ち着くと推測。
アマプラで映画でも視て週末をと思っていたのだが…
予想外に映画がだらだらしていて、疲れも出たため続きを明日にすることに。
ふとレートを見ると…

ドル円はだらだらと下がり、135を割っている状態。
やはり今のボクには市場が見えていないのだろう。
メキシコペソもピリっとない。
(ドル依存性が強い割に、指標でドルが上がると、メキシコペソが反対に動きがちな為)

こんなことなら、あの、箸にも棒にもかからない、メキシコペソの4円台を、7.5あたりで決済しておけば良かった。
たいしてスワップもつかないのだし…。

今日はふと気になって、メキシコペソの政策金利を確認。
現在10%。
これが丸々スワップになれば、年間7000円のスワップになるのだが
現状では3650円にしかならない。
外貨預金ではというと、短期で見るとかなりキツイ。
スプレッドがひどすぎて、お話にならない。
なぜこの状態で、外貨預金などする人がいるのかと、疑問しかない。
気になる人は、外貨預金のシミュレーションで試してほしい。

 

 

マイナス以上にキツイ部分

いやあ、負けました。

参りましたねえ。
マイナス自体はまあ、5桁、今のところ数万程度なので、構わないといえば構わないんですが、それ以上に不満が残ります。
途中、含み損の1割ぐらいは、戻ったタイミングで取ってますし。

まず、FOMCまで凪という見通し。
とんでもなかったですね。
12月に利上げのペースが落ちるなんて、わかりきったことじゃないですか。
それだけのことでこんなに落ちますかねえ。
ま、見込み違いだからそれは仕方がないとして。

自分に対して一番失望したのは、この下げを取れなかった理由ですね。
「ブログで、買いのシステムを書いてしまったから。」
ええ、買うって書いたんだから、売ったらアカンのんちゃうん?というためらいが
一番の理由です。
本来、FXなんてもっと臨機応変に動くべきものなのに
自分の言ったことに縛られて原理主義的に動くなんて。
言っちゃあ悪いけど、このブログなんて、そんな多くの人が見ているわけでもないのに。
とまあ、それもまたボクらしいっちゃあボクらしいのですが。


さて、金融機関から融資の条件が出ました。
年齢的な理由から、全然期間が出なくて、儲けがありません。
なんのためにやるんだろう?

正直、今は高いと思っているので、x年後に今ぐらいの値で売るという考えは難しいかと。
インカムがマイナスで、キャピタルが取れないのなら、もう何の為にやるのだろうと。
いや、儲けの為にやるだけではないので、5年、10年スパンで最終的にプラスになるなら、やりますよ、そりゃ。
そもそもの動機が、社会への恩返しと考えてますから。
自分がマイナスにならない状態で、他の人の需要を創出できるのであれば、やりたいです。
ただなあ、社会貢献なんて、考えるべきではないのでは?
などと思ったり思わなかったり。
まあ、普通の人が持つには、かなり良い物件なんですがねえ。

FOMCまでに

これまで、まとまらない感じではあるが、することを書いてきたわけだが
今は小休止の時間帯なので、まとめておきたい。

最初にすること。

・資金を決める
10万でも1000万でもいいから、まず資金をいくらにするか決めなければならない。

(仮にここでは100万としますか)

・資金/5 ぐらいを目途にして、レバレッジ1.5ぐらいになるまで下記のルールでロングする

ルールの前に目標時期
なるはやで、達成できていなくても次回FOMCが12/14なので、12/9までに。

ルール
・自分で決めた通貨で、自分で線を引く。
ボクの場合、メキシコペソなので、7.2がライン。
ドル円なら、139円がラインだろうか?
(見てはいるけれど、明確にはラインは引いていないんで)
今は資金100万円想定なので
メキシコペソなら3枚ずつ。(20万と考える)
これを7個~8個、ロングで持つ。

ここまでは準備段階。
もちろんボクの場合、ここまではだいたい出来ている。
(枚数がメキシコペソなのに1枚ずつであり、7.3など、上すぎるポジションも数枚あるが)

準備段階が出来ていない場合は、本番をやりながらレバレッジ1.5倍を目指す。

以下、本番

すること
・朝、昼、晩、夜 3分ぐらい相場を見る
計レートを見る時間は1日12分ぐらいまで。
急に暇になってすることが無い というならいくら見てもいいが
そういうのは、暇つぶしに無駄な遊びをしているだけだと考えるべき。
自分の状況に合わせて、1日5回などにしてもいいが
長くても1回にレートを見る時間は、5分までにする。
それ以上レートを見ていても、それは考えているのではなく、迷っているだけで
無駄な時間でしかない。

3分で考えるべきこと

・今いくらか
・・ラインより上の場合

利益が出ている一番高値のポジションを売るか、さらに上へ行くと考えるなら、ストップをかける。
売った場合、必ず、ラインより下、あるいは自分が許容する点で指値
(よくやるが、7.25で売って7.22で指値など)

・・ラインより下の場合

目標枚数に満たなければ無条件で買い増す。


一番高値のポジションにストップを置く。


最終目標
次回金利発表までに、未決済のスワップを除いて、確定3%ぐらいの益を出す。
ボクは今、1%ぐらいなので、まあまあか。
今から始めるなら2%とかだろうか。

考えの基本

FOMCまでは上がったり下がったりしつつ
FOMC以降、上方向へ行くだろうから、そのときに持ちポジションで、高値のものから順に、半分ぐらいを決済。
年末なので、税金等、各自の都合もあるだろうから、何割売るなどはそれぞれで。

個人的にはクリスマスまでに、未決済の部分も含めて、全体の10%ぐらい、利益が増えればと思っています。

FOMC以降に逆に行っても、自分でリカバリする自信がある人だけ、どうぞ。

いよいよ日銀の保有国債が

日銀の発表によると、保有している国債の価格がいよいよ簿価を割ったとか。

3月には4兆前後黒字だった国債が、現状8000億程度の含み損になっているとか。

そもそもが、異次元緩和などと言って、国債を無制限に買っていたときから
いつかはこうなることは予想は出来ていたはず。
別に日銀がこれで倒産するわけでもないが、円の信用としてはどうか?

という心配は以前からしてはいたが
対するアメリFRBも赤字になるとか。
中央銀行営利企業ではないので、それはそれでいいのだが…。
この先世界はどうなるんだろう、という不安はある。

結局 材料にされかねないわけです。
アベノミクスの闇 だとか
民主党政権の失態だとか
通貨への不信だとか

で、何かのきっかけで、ボラリティが大きくなる。
気をつけないと、色々なものが急激に変動してしまうかも。

今は本当にやばい時代かもしれないですねえ。

これから自宅を買いたいという人へ

「自宅」について、巷では色々と言う人がいますね。

・賃貸の方がいい
よく聞きますが、そんなの人それぞれです。
買いたい派の人は
「住宅ローン控除がある」とか
「将来老人になったとき、賃貸では自由に選べない(老人NGの大家が多い)」
などなど。
はっきり言って、賃貸か購入かなんて、わかりません。
家を「買ってよかった」と思う人もいれば、「買わなければ良かった」って人もいるし、先のことなんてわかりません。
そんなことは結局、今、自分がどうしたいか、です。

んで、今回は「買いたい派」の人に、これだけはやっておきなさいという点。
多くの人が言うことは、ここでは言いません。
(大手のショールームには行くなとか)
本気で買いたいのなら、すぐに目につくようなアドバイスぐらいは
予め調べてみてください。
ここで言いたいことは、2点。

・売買契約書は無くすなよ(笑)
当然ですね。あ、これ、多くの人が言ってることか。
でも、わかっていても失くしてしまうのが契約書。
そして、契約書ついでに
自宅で大きな改築とかをする場合、この契約書も取っておきましょうね。

・売買価格の、土地建物の内訳の合意書を、必ず作っておく
これが本題です。
内訳が無いと、あとで苦労します。
特に中古の場合などは…
例)
5000万円の築30年の中古の一軒家の場合

売る方の考え方として、建物の価値はほぼ0だとして
土地値がこれくらいで売れるだろう+αの利益が貰えたらいいな
という気分で値付けをします。

「土地値が4500万ぐらいで、まだ建物も使えるし500万ぐらい上乗せしようか?」
といったような感じでしょうか。

で、5000万で土地建物の比率を決めずに売買したとしましょう。
その後、数十年住んで、何らかの理由で売ったとします。
このとき問題になるのが「減価償却」です。
買ったときに比率が決められていないから、多くの場合
「固定資産税の評価額」から比率を決める。
するとまあだいたい
土地:3000万
建物:2000万
とかになるわけです。
さて、この建物が4500万円で売れたとしましょう。
-500万?
いえいえ

建物は減価償却されます。
何年後に売ったかで変わってきますが
建物の価格はというと
2000-減価償却 です。
仮に1000万減価償却されたとすると
買値4000万
売値4500万

プラス500万円 はいここから税金。
まあざっと100万円ぐらい、税が来ます。
(今のところ自宅は控除があるんで実際は多くは無税ですが、控除なんていつ廃止されるかわからないもんだし)
予め
土地4500万
建物500万とかって同意を書面で残しておけば
x年後、建物価格が減価償却されて半分になっても
買値は4750万円です。
これだと、利益がマイナスなんで、控除に関わらず、税金はかかりません。

「そんなこと、俺は売るつもりないから関係ない」という人。
先のことなんて誰にもわかりませんよー。
それと、あなたは売らずに一生そこに住んだとしても
相続した人は売るかもしれないんですよー。
買ったものは、いつかは売るんです。
そういう気持ちでいましょう。

住むために買うのなら、
・土地建物の比率は残して置く

・できるだけ、建物の価格は下げておく

仲介がめんどくさがる可能性はありますが、絶対やっておきましょう。
不動産は大きな買い物なので、紙一枚作る手間で、利益が数百、数千と変わる可能性が出てきます。
特に、控除が続くとしても、自宅の売却を損として計算して
他の不動産売買と、損益通算したいとか考える場合…。
今わかる必要はないですが、後々響く人には大きく響きますからねー。