投資家の本懐

FX、不動産投資、その他投資全般について

古典的な経済学の姿勢とFX ときには温故知新も必要かも?

昔は、通貨を理由もなく大っぴらに両替することは出来なかった。
いやまあ、出来ないわけじゃないのだが、あからさまにはねえ…。
これは、その頃まで通用した、ひとつの考え方の話。
ボクは未だに結論が出ていないし、まあ、出せるとも思ってないが。

政策金利(あるいは昔風に公定歩合?)は、インフレになると上昇する。
物価が上がるから、それを抑えようと、金利を上げて貯蓄を促す。
これは今も昔も変わってはいない。

そして、昔の考え方。
アメリカがインフレになり、金利が上がる。
インフレになるということは、物価が上がるということで
物対ドルの関係で言うと、ドルが弱くなっているということ。
物の価値、値段が上がっているというのは、それを買う為に使う通貨、この場合ドルの価値は相対的には下がっている。
たしかにそれはそうだ。
そして、現状で言えば円。
日本は、国内情勢で考えれば、比較的物価は安定していた。
つまり 物対円で言えば、円は弱くはなかった、価値があったということになる。

極端な例を言うと、ジンバブエ
見たことのある人も多いだろうが、あそこのお札は、天文学的に0が並んでいる。
それだけどうしようもないほど、インフレが止まらない。
物価が上がるということは、ジンバブエドルは相対的に弱くなっている。
当然そんな通貨を、投資の為に買おうという人はいないだろうが、なぜかドルだと上がる。
金利が上がったから、ドルが上がると、当たり前に考えてしまう。
いや待て、金利が上がったのは、インフレだからだし、インフレが起きたということは、相対的にドルが弱くなったということでしかない。

繰り返しになるが、以前は、好き勝手に通貨を持ち替えることは難しかった。
つまり、「金利が高いから、円を売ってドルを買おう」などと、気軽に考えるのは、あまり一般的ではなかった。
外貨預金だのFXだのが出てきたことで、これが可能になった。
そして現状…ドルの金利が上がったことで、どんどん価値が上がっている。
購買力が弱くなっているはずのドルが、上がっている。
もう一度言う。
アメリカ人の時給が上がっているということは、それだけドルが弱くなっているということでもある。
ビックマックの値段が上がったのは、ビッグマックが強くなったからではない、あくまでドルが弱くなったから、多く払わないとビッグマックが買えなくなったんだと。
それなのに、どんどんドルは上がる。
本当にこれでいいのか?

日銀が介入をして、一旦ドルが下がった。
これは一時的なモノだと思われていたが、その後、アメリカの指標は弱いモノが多かった。
現状、どうもほころびが出ているような、きな臭さは感じる。
日本の政策金利が上がるかどうかは別として、ドルは、アメリカは、本当に大丈夫だろうか。
トレンドが逆転することはありえないのか?

金利の通貨を買う、と言いながら、高金利通貨は本来弱っている通貨だとも言う
ボクの矛盾。

古典的な経済学は、現状と合わない部分はあるが、だからといって理屈が否定されているわけでもない。
現状の金利を追い求める姿勢は、多少行きすぎがあるし、行き過ぎればしっぺ返しをくらう可能性もある。

トレンドの転換は、いつでも覚悟しておく必要はある…なんて思ってはいる。